【レシピ付】鶏おこわ“ソイガー”を作ろう♪~その1~

ベトナムではおこわは日常的に食べられていて、日本のおこわよりも食感が軽いです。

そのため、朝食やおやつとしてよく食べられています。

さまざまな具のおこわがありますが、鶏肉のおこわ(ソイガー)はホーチミン在住時に何度食べたか分からないほど大好きでした。


大好きな「XOI GA NUMBER ONE」のおこわ。ベンタイン市場の近くにお店があります。

 

今回は、日本でその味を再現しようと試行錯誤しました。

結果的には、ホーチミンで食べるあの絶品の味は再現できなかったのですが、ソイガーらしきものはできたので、メモとして残しておきたいと思います。

☆ホーチミンでソイガーがおいしいお店
「XOI GA NUMBER ONE」
「Xoi Che BUI THI XUAN」

 

材料 4人分

材料

もち米 1合
うるち米 1合
水 330ml
鶏がらスープの素(粉末) 小さじ1
骨付き鶏もも肉 4本(鶏もも肉や鶏ムネ肉なら2枚)
フライドエシャロット 適量

<漬け込み材料>
玉ねぎのみじん切り 1/4個分
にんにくのみじん切り 2片分
塩 小さじ2
砂糖 小さじ2
胡椒 少々
醤油 大さじ2(あればベトナムの大豆醤油・ヌックトゥーン)

<ネギ油用>
万能ネギのみじん切り 4本分ぐらい
サラダ油(または鶏油) 大さじ2
塩 ひとつまみ

 

1. お米を研ぐ

もち米とうるち米をこするように手早く洗います。

お米は水に浸さず(べちゃべちゃした食感になってしまうため)、水330mlと鶏がらスープの素を入れてすぐに炊飯します

2. 鶏肉に下味をつける

鶏肉の皮目にフォークで穴を開けます。

これは下味をなじませるためと、火の通りをよくするためです。

その後、ボウルまたはビニール袋に鶏肉と<漬け込み材料>をすべて入れ、

よく揉みこんでから20分ほど時間をおきます

骨付き肉でなくてもOK

あるときは鶏もも肉で、


あるときはムネ肉で作ってみました。
どの部位で作ってもおいしいですが、できれば皮付きのほうがいいです。

 

3. ネギ油を作る

お米を炊いている間、鶏肉を漬け込んでいる間にトッピングに使うネギ油を作ります。

フライパンにサラダ油を入れて火にかけ、万能ネギ(普通のネギの青い部分でもOK)のみじん切りと塩をひとつまみ入れ、弱火で焦げない程度に熱して香りを出します。

こだわる方は・・・

サラダ油の代わりに鶏油(チー油)を使うとさらに旨味がアップしますよ!


鶏皮200gをカリカリになるまで熱して油を出すと、大さじ4杯分ぐらいの鶏油ができます。

できあがり!

 

次は、下味をつけた鶏肉を揚げる作業に入ります。

 

その2につづく~