【レシピ付】簡単ver.チャーカーラヴォン(白身魚とディルの油鍋)on そうめん

【レシピ付】簡単ver.チャーカーラヴォン(白身魚とディルの油鍋)on そうめん

ハノイの名物料理・チャーカーラヴォン(Chả cá Lã Vọng)

ターメリック(ウコン)などで色付け&味付けした白身魚を揚げ焼きし、ディル(ハーブ)と青ねぎをたっぷり加えて炒めたベトナム北部・ハノイの名物料理、チャーカーラヴォン(Chả cá Lã Vọng)

ブン(米麺)やピーナッツなどと一緒にマムトムだれでいただきますが、このマムトムだれ(エビの発酵調味料)にクセがあり、ベトナム人でも苦手な方がいるほど。しかし、ハマる人はハマる!というおいしさです。

わたしの住む地域では、ベトナム人オーナーのディープなベトナム料理店のメニューにも載っていないほどレア(?)な料理。

以前、どうしても食べたくて自宅で作ったことがあるのですが(下記レシピ記事参照)、「もっと手軽に食べられたらいいな」と思い、より簡単で&食べやすいレシピを考えてみました。

▼参考記事

【レシピ付】ハノイ名物☆チャーカーラヴォン(白身魚とディルの油鍋)を作ろう♪

 

簡単&食べやすくなったポイント

  • マムトムを使わず、ヌックマム(魚醤)で味付け
  • 下味の米麹なし
  • 油の量を約半分に
  • ブン(米麺)の代わりにそうめんを使用
  • 白身魚は手に入りやすいタラで
  • 生姜&ニンニクはチューブを使用
  • 青ネギの根元の白い部分は裂かずにそのままで
  • カセットコンロを使わずフライパンで調理

ディルを手に入れたら!自宅で作ってみよう♪

【レシピ付】簡単ver.チャーカーラヴォン(白身魚とディルの油鍋)on そうめん

「簡単に」といっても、ディル(ハーブ)がなかなか手に入らないのですが・・・。

今回は、ベトナム食材店で新鮮なディルを見つけたので、即購入しました。

ディルさえ手に入れば、その他の材料は揃いやすいと思いますので、ゲットしたらぜひ作ってみてください。

それでは材料から見ていきましょう~。

 

材料 1人分

  • 白身魚の切り身 150g
  • 青ねぎ たくさん
  • ディル たくさん
  • 塩こしょう 少々
  • ヌックマム(またはナンプラー) 大さじ1
  • ターメリック 小さじ1
  • すりおろし生姜(チューブ) 1cmぐらい
  • すりおろしニンニク(チューブ) 1cmぐらい
  • そうめん 1束
  • ピーナッツ 適量
  • 油 大さじ1

 

白身魚はベトナムでは川魚が使われますが、タラで代用しました。

タラはこの時期手に入りやすく、旬の食材なので脂がのっていておいしいですよね!

青ねぎとディルは「こんなにたくさん!?」と思うぐらいでちょうどいいです。

炒めると、カサが減って少しになりますよ。

 

1.白身魚に下味をつける

【レシピ付】簡単ver.チャーカーラヴォン(白身魚とディルの油鍋)on そうめん

一口大に切った魚をボウルに入れ、ターメリック・すりおろし生姜&ニンニク・ヌックマム・塩こしょうを入れてよく混ぜ合わせます。

【レシピ付】簡単ver.チャーカーラヴォン(白身魚とディルの油鍋)on そうめん

混ぜ合わせたら、ディルと青ねぎを切りましょう。

【レシピ付】簡単ver.チャーカーラヴォン(白身魚とディルの油鍋)on そうめん

それぞれ、大体5cmの幅に切ります。

2.フライパンで魚を焼く

【レシピ付】簡単ver.チャーカーラヴォン(白身魚とディルの油鍋)on そうめん

フライパンに油を入れて熱し、マリネした魚を少し焦げ目がつくぐらい焼きます。

タラは身が崩れやすいので、動かしすぎないようにしましょう。

3.ディル&ネギを加える

【レシピ付】簡単ver.チャーカーラヴォン(白身魚とディルの油鍋)on そうめん

その後、ディル&ねぎを上からドサッとのせます!

【レシピ付】簡単ver.チャーカーラヴォン(白身魚とディルの油鍋)on そうめん

炒め合わせると、このようにディルとねぎがくたっとなります~

4.そうめんを茹でる

【レシピ付】簡単ver.チャーカーラヴォン(白身魚とディルの油鍋)on そうめん

次にそうめんを袋の表示時間通りに茹で、すばやくザルに移し、水を流しながらよくもみ洗いして、よく水気を切ります。

5.お皿に盛り付けていただきます!

【レシピ付】簡単ver.チャーカーラヴォン(白身魚とディルの油鍋)on そうめん

洗いものを極力減らしたかったため、ワンプレートに盛り付けました。

最後に上からピーナッツをトッピングしてできあがりです。

ピーナッツは多めがおいしいですよ♪

【レシピ付】簡単ver.チャーカーラヴォン(白身魚とディルの油鍋)on そうめん

「たれが別で必要かな?」と思っていたのですが、食べてみると、たれなしでも大丈夫でした。

お好みでレモンの搾り汁などを加えてもいいですね。

自分で言うのもあれですが・・・そうめんに味がからんで、結構おいしかったです。

チャーカー欲が満たされました!

 

ディルさえあれば食べたいときに食べられますので、この際、種を買って自家栽培しようかなと考えています(笑)

 

スポンサードリンク

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

中国(上海・北京)7年、ベトナム(ホーチミン)3年弱の約10年間のアジア生活を経て、2016年より愛知県在住。近年日本で生活するベトナム人が増えている中で、少しでも多くの方にベトナムに興味を持っていただけたらな・・・。そんな思いで、(素人ですが)ベトナム料理のレシピ、日本で買えるベトナム食材、愛知県のベトナム料理店などの紹介をしています。