バーチウ市場にベトナムハムの型を買いに行くの巻。

バーチウ市場にベトナムハムの型を買いに行くの巻。

絶品のベトナムハム

バインミー(ベトナム風バゲットサンド)や麺料理、おこわの具などとして広く食べられているベトナムハム(chả lụa)

おつまみとして、そのまま冷えたビールと一緒に食べてもとてもおいしいです!

ホーチミンには専門店があるほか、スーパーでたくさんの種類(豚耳入りなど)が売られているので、手軽に買うことができます。

☆ホーチミン市1区にあるベトナムハム専門店
ブイビエン通りにあるベトナムハム専門店「QUOC HUONG」
コンクイン通りにあるベトナムハム専門店「GIO CHA PHUC LOC」
リートゥチョン通りにある練りもの製品専門店「gio cha MINH CHAU」

自分で作ろうと思うと結構手間がかかるのですが、それだけにおいしさは格別!?

型がなくても、タネをアルミホイルで巻いて作ることができますが、願いが叶うなら専用の型がほしい・・・!

名古屋のバインミー屋さん「アオサンズ」の店主・あおちゃんから「ビンタン区のバーチウ市場でベトナムハムの型を見た」という情報を聞いたので、行ってみることにしました。

バーチウ市場には、他にもかわいいメラミン食器やアクリルジョッキ(ベトナムの食堂でよく使われているもの)などほしいものが色々あるので、まとめて買いたいと思っていたのです。

 

ベトナムハムを作るステンレス製の型を求めて

バーチウ市場にベトナムハムの型を買いに行くの巻。

さて、今回はバーチウ市場の北側で用事を済ませてから、歩いて市場に向かいました。

途中で病院と歩道橋がありました。

そういえば、ホーチミンで歩道橋を見たことがないかも・・・。

バーチウ市場にベトナムハムの型を買いに行くの巻。

エメラルドグリーンの建物が見えてきました!

バーチウ市場にベトナムハムの型を買いに行くの巻。

到着〜!

入口にはお花がたくさん並んでいましたよ。

バーチウ市場についての記事はこちらをご覧ください☆

バーチウ市場にベトナムハムの型を買いに行くの巻。

訪れたのは夕方5時過ぎ。

すでに閉店しているお店、片付けをし始めているお店が多かったです。

なぜ夕方に訪れたかというと、場外に夕方から営業する評判のソイガー(鶏おこわ)の屋台があり、そこにも行きたかったからです。

ソイガーのお店については近々ご紹介しますね!

バーチウ市場にベトナムハムの型を買いに行くの巻。

1階のキッチングッズのお店を1店ずつ見てまわり、ベトナムハムの型が置かれていないかチェック。

なかなか見つからないので、聞いたほうが早いと思い、ジェスチャーを交えながら説明。

làm(ラム、作るの意)」「chả lụa(チャールア、ハムの意)」「INOX(イノックス、ステンレスの意)」の3単語でなんとかわかってもらえました!

バーチウ市場にベトナムハムの型を買いに行くの巻。

これこれ、探してたのはこれ♪

値段は1つ90,000ドン(約450円)でした。

バーチウ市場にベトナムハムの型を買いに行くの巻。

購入したお店はこちらです。

LIEN BINH(リェン・ビン)
店舗No.655
TEL:0122-3929-263

 

その他買ったもの

バーチウ市場にベトナムハムの型を買いに行くの巻。
  • 鍋敷き 5,000ドン(約25円)/枚
  • アクリルジョッキ 15,000ドン(約75円)/個
  • レインボー色のコップ洗いスポンジ 10,000ドン(約50円)
  • 黄緑の丼 10,000ドン(約50円)
  • 花柄の丼 11,000ドン(約55円)

 

鍋敷きは以前買って気に入ったので、もう一度買いました。

前は8,000ドンだったのですが、少し安くなっていました(購入したお店が違うからかもしれませんが)。

微妙に柄が違って、選ぶのが楽しかったです♪

あとで調べてわかったのですが、ベトナムハムを作るステンレス製の器具は、

Khuôn làm giò chả  inox
(クオン・ラム・ヨー
チャー・イノックス)

※「giò」の北部の発音は“ゾー”

というと通じるようです。

買いたい方はこのように伝えるか、ベトナム語表記を店員さんに見せてみてください。

キッチン用品を買いたい方はぜひバーチウ市場を訪れてみてくださいね。

 

☆自分でベトナムハムを作ってみたい方はこちらの記事をどうぞ!
【レシピ付】ベトナム風ハム“チャールア”を作ろう!~その1~
【レシピ付】ベトナム風ハム“チャールア”を作ろう!~その2~

スポンサードリンク

シェア!